ユーザー登録

次のアーカイブを見ています: LEED認証について.

新しいパイロットクレジット U.S. Green Building Council(USGBC)は2016年5月24日に、建築材の使用および設置過程で製品による人体への影響や被害を削減することを奨励する目的で、建築製品の …

日本の25倍もの面積をもつアメリカ。以前、西海岸カリフォルニア州のエコ法律CALGreenについて紹介がありましたが、東海岸ニューヨークから約4000キロ以上も離れた地でもLEEDを含め環境に優しい法律があると知り嬉しく …

LEED認証の新しいV4が発表されてから暫く経ち、このウェブサイトでもV4に関しては「次世代のLEED」「どうなるの?新しいLEED認証。」「LEED V4の最新情報」で記事にしましたが、その後なかなかプラチナレベルでの …

ロサンゼルスと言えば、椰子の木と燦燦と降り注ぐ太陽の街というイメージを持っていますが、それもその筈、年間降水量は300mm程度と少ない地域。晴れの日が多く、めったに雨が降りません。引越してからも毎日がお天気、天気予報が必 …

アメリカに住んでもう25年になりますが、引越してくるまで実はカリフォルニア州について良く知りませんでした。引越したのが良いきっかけと調べてみると、全米の中でもカリフォルニア州は、早い段階から環境問題に注目していたそうです …

健康時には余り考えない病院ですが、いざ入院となると、安全でストレスが溜まりにくく、スムーズな治療が可能な最新設備の整った病院を選びたいと、多くの人は考えるのではないでしょうか。 アメリカにはまるでホテルの様に居心地の良い …

世界中で使われているグリーンビルディング評価システムの中で、LEED認証以外にも知名度が高いのがイギリス発祥のBREEAM認証です。BREEAM (Building Research Establishment Envi …

USGBC(米国グリーンカウンシル)より発表された、5ヵ年計画と戦略の為の資料を見つけました。これが発表されたのは、2009年です。そして今年2013年はこの資料が発表された年から丁度5年目になります。 USGBCの20 …

既に何回かお知らせしていますが、年内に新しいバージョンのLEED V4が発表されます。そこでV4に、どんな変更が加えられているのか発表前に知ることができる、無料のオンラインコースを見つけたので、ご紹介します。 V4を勉強 …

LEED認証は、審議委員会と顧問団が設けられ、頻繁に審査を重ねて作られている認証システムです。その裏には、何人ものUSGBCスタッフとボランティアがサポートしていて、常にグリーンビル市場に関連し、リーダーシップとしてその …