ユーザー登録

次のアーカイブを見ています: 環境ビジネス.

アメリカは探すとエコなホテルが沢山ありますが、ロサンゼルスにもエコに注目したグリーンなホテルを宣伝しているホテルを見つけたので、せっかく泊まるならと、エコを重視したホテルに滞在して来ました。 空港に近い便利なホテル 泊ま …

LEED認証と比べると評価内容が厳格で高度な技術が求められるBREEAM、取得した建物はグリーンビルディングとして優れた建物を生み出しています。BREEAMとはイギリス生まれの建物環境評価システムですが、もっと知りたいと …

200店舗がLEED認証を取得している会社として、以前「LEED認証200店舗取得のシティーグループ」という記事でシティーグループ社を紹介しましたが、LEEDプロジェクト以外にも、環境に配慮する方針をシティーバンクのウェ …

グリーンビルディングが社会や環境に良くても、それが実際に投資金額に反映されないと難しいと投資家は考えるかもしれません。そこでグリーンオフィスに関して、こんなロシアの記事を見つけました。 モスクワのジョーンズ ラング ラサ …

ここ近年、ニューヨークは比較的暖かな冬が続いていましたが、今年の1月は気温が零下となる日も珍しくなく、例年に比べとても寒い冬を迎えています。今週のニューヨークは積もるほどの雪も降りました。温暖化と囁かれていたことが忘れて …

NYの街を歩いていると、最近シティーバンク銀行でLEED認証のロゴをよく見ます。多いなと思っていたら、何と2012年に創立200周年を迎えたシティーグループが、200店舗のLEED認証を取得したと発表していました。1つの …

アメリカでLEED認証が広まった理由の一つに、明確なマーケティングと市場価値の可視化が挙げられます。投資する物件に高い付加価値が加わると、ビル賃貸料も上がると考えられて開発者が注目し始めました。 そこで実際、そんなLEE …

環境に配慮している会社はどんな人が作っているのだろうとの疑問から、色々な記事を読みますが、今日はっとした言葉がありました。それは、資生堂で 98年に取締役だった浜口正巳氏の言葉「環境対応にリセットボタンはない」。随分と古 …

ニューヨークではアースデーを控えて、イベントが盛りだくさんです。 今年のアースデーポスター こんな企業がこのイベントに参加しています。 アースデーとは? アースデーとは、地球環境を考えて行動する日で、1970年に当時のゲ …

世の中には多くのエコバッグが販売されていますが、そんなエコバッグの利用頻度が高まりそうなアイテムを発見しました。それがCVSという薬局で売っている「グリーンバッグタグ」です。 これがそのグリーンバッグタグ。¢99で売って …